遠州木綿

遠州木綿+欧州プリント

当店オリジナル小物ブランド“Papiro”は、店長が、遠州木綿に魅せられた裁縫家Piroさんの作品に一目ぼれしてお願いして出来たブランドです。浜松の遠州木綿は現在、織物となるまでの糸の用意、染めまでの分業に携わる人が高齢の方々1名ずつなのだそうです。昔ながらの織機は修理の部品調達も難しくなっているとのこと。縞模様はいろいろな顔を見せてくれます。シンプルですが、奥が深くモダンな遠州木綿の価値をたくさんの方に再認識していただきたいなあと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください